アプリと機器

来客が自宅のWI-Fiを利用するときは「ゲストモード」で




来客に自宅のWi-Fi経由でインターネットに接続させてあげる場合、SSIDや暗号化キーを教えてしまうのはセキュリティ上あまりおすすめ出来るものではありません。さらにルーター経由で他の機器にも接続出来てしまうリスクもあります。

この様なときに活用したいのが「ゲストモード」です。このモードを使うと通常のネットワークから隔離された別のネットワークを利用することになります。このゲストモードはインターネットのみ接続できるネットワークなので、自宅内の他のネットワークに接続することは出来ません。

そのために、このモードを使うことによりセキュリティを保つことが可能になりますし、時間制限を追加設定出来ますので、いつまでも繋ぎっぱなしと言う様なことも防ぐことが出来ます。来訪者にインターネット接続を使用させる時には是非この機能を使うようにしましょう。

ただ、現在自宅で使用しているWi-Fiルーターにこの簡単機能がついていない場合は、自分自身でゲストポートを開放しなければなりませんので、中々難しい作業になってきます。まずは説明書をしっかりと読んで、該当する項目が存在するか確認をしましょう。

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4 11ac 866+300Mbps 3LDK 2階建向け 【iPhone8/iPhoneX/Echo メーカー動作確認済み】

近年販売されているWi-Fiルーターにはほとんどこの機能が付いていると思いますが、製造年代によってはこの機能は存在しないかも知れません。







-アプリと機器
-,

© 2020 シニアのWi-Fi事情