アプリと機器

アクセスポイントとルーターの違い




「アクセスポイント」とはアクセスポイント(親機)が接続されているネットワークに子機を接続させるための機器で、有線LANと無線LANで一つのネットワークを作ることができます。また「ルーター」とは、異なるネットワークを仲介する中継機のことであり、自宅のネットワークをインターネットに接続するにはルーターが必要であり、「Wi-Fi」ルーターとはアクセスポイント機能を備えたルーターを指します。

現在家庭用に普及している「Wi-Fi」ルーターはこの2つの機能を両方とも備えていますが、モード変更によって片方だけを使うことも可能になっています。特に電波が家庭内全てに届かない場合には、中間距離の所にもう一台を中継機(アクセスポイント)として設置し活用することもあります。

また、この中継機能だけを持ったアクセスポイント機器が安価で販売されていますので、用途に応じて使い分けが大事になるでしょう。中継機には多くのタイプがありますが、小型でコンセントに直挿し出来る製品がお手軽です。

さらに、「Wi-Fi」対応機器の中には、「Wi-Fi」対応SDカードのようにアクセスポイントがない場所でも通信できる製品もあります。スマホの「テザリング」機能なども同じです。これらの製品は、アクセスポイントの機能をソフトウェアで実現することによって、必要なときだけ親機となって使えるようになっています。

BUFFALO WiFi 無線LAN 中継機 WEX-733D 11ac 433+300Mbps コンセント直挿しモデル 【iPhone8/X対応】

スマホの「テザリング」機能を使うと、スマホを親機にしてパソコン等のWi-Fi対応端末をインターネットに接続することが出来ますので、外出先に「Wi-Fi」の使える場所がないときに使えるように設定を覚えておきましょう。

実際には「テザリング」の方法は3通り、「Wi-Fi」「Bluetooth」「USB」で、スマホでの設定は機種を問わず「設定」から「その他」を選択すると「テザリング」と言う項目ありますので、ここで設定しましょう。パソコンでの設定が済むと接続が可能になります。







-アプリと機器
-, ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情