アプリと機器

Wi-Fi機能を持たないPCでWi-Fiを使うには




少しだけ古くなったディスクトップPCやノートPCには、Wi-Fi機能のついていないものが多いのですが、どのPCにも付いているのがUSBポートではないでしょうか。このUSBポートを使うとWi-Fiネットワークに繋ぐことが可能になります。

Wi-FiUSBアダプタを使うのですが、デスクトップでもノートでもそのまま使うことができます。付属のユーティリティの設定により、Wi-Fi USBアダプタを装着したパソコンをアクセスポイントとして利用することができますので、インターネットなどを楽しむ事ができます。

OSによっては不要な場合もありますが、アダプタを使うにあたってパソコンにドライバのインストールが必要になります。そのため、「ドライバをインストールするためのCD-ROMがアダプタに付属している」ものを用意する必要があります。

CD-ROMドライブですが、Wi-Fi機能を持たない以前の機種にはほとんど付属しているはずですのでCD-ROMを使ってドライバのインストールを行うと良いでしょう。あとは対応OSの種類と、IEEE802.11n(2.4GHz帯)に対応しているとか、自身の環境に合わせて選択しましょう。

最近ではUSBアダプター本体にユーティリティソフトとドライバーが増えてきていますので、もしCD-ROMドライブを持たないPCでも十分に利用可能になっています。通常自宅のネットワークに接続するときはこのアダプターを子機として設定しインターネットに接続します。

また、USBアダプターは製品によって対応しているWi-Fi規格が異なりますので、無線ルーター等の親機が対応しているWi-Fi規格を見て、親機と通信可能なWi-Fi規格に対応しているものを選ぶ必要があります。たいてい親機は複数のWi-Fi規格に対応しているため、その中から通信で使用したいWi-Fi規格対応の子機を選ぶ事も重要でないでしょうか。

I-O DATA Wi-Fi 無線LAN 子機 11n/g/b 300Mbps アンテナ型 WN-G300UA

USB の転送速度
USB 接続のWi-Fi子機を選ぶ場合は、USB の規格にも注目しましょう。USB には規格が複数存在して、規格によってデータ転送速度が異なります。

現在ほとんどのWi-Fi子機は、USB2.0 に対応しており、十分なデータ転送速度となっていますので、USB2.0 対応のWi-Fi子機を選ぶと十分ですが、高速無線 LAN 規格に対応したWi-Fi子機を選ぶのであれば、USB3.0 対応の製品を選びたいものです。







-アプリと機器
-,

© 2020 シニアのWi-Fi事情