準備

自宅ですでに有線でインターネットを利用しているなら




すでに有線でインターネットを利用しているのであれば、現在の回線を「Wi-Fiルーター」を接続するだけで、「Wi-Fi」環境を作ることが出来ます。そうすると邪魔な配線なしにインターネットが利用できる様になります。

現在使用中のインターネット回線を「Wi-Fiルーター」を繋ぐと、ノートPCやスマホ、タブレット、プリンター、ゲーム機、カメラ、スキャナー等を自由に接続できる様になります。ただし、これらの機器には「Wi-Fi」機能が必要です。

最近の機器にはほとんどこの「Wi-Fi」機能がついていますが、もし、手持ちのPCにこの機能がないのであれば、「Wi-Fi」アダプターを付けることで対応が可能になっています。一番手軽なのはUSB端子に取り付ける「USBWi-Fiアダプター」が便利です。

ここで、気をつけてほしいのは親機の対応通信規格です。この規格が一致しなければ「Wi-Fiアダプター」を付けても通信が出来ませんので、ここだけは十分に注意して選択するようにしましょう。

特に親機になる「Wi-Fiルーター」を選ぶ時は、自宅の部屋数が多い時、接続機器の台数が多い時はハイパワーの機種を選択するほうが良いでしょう。普通は製品の箱やウエブページに推奨する間取りや環境が表示されていますので、それを目安にすると良いでしょう。

この様に、家庭内のネットワークが出来上がると一つのルーターに接続した機器間でもデータのやり取りが出来ますし、ネットワークハードディスクを設置すると家族全員が同じデータ(音楽や写真等)を共有することが出来ます。

エレコム WiFi 無線LAN ルーター 11ac 867+300Mbps ビームフォーミング対応 接続推奨6台 置き場所にこまらないコンパクトサイズ WRC-1167FSA

さらに、外部出先からも利用することが出来ますが、これは少しだけ慣れてから挑戦しなければセキュリティ上難しいかもしれません。







-準備
-, ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情