準備

インターネット回線契約とプロバイダ契約は必ず必要




Wi-Fiルーターがあってもインターネットには接続することは出来ません。実際に光回線が自宅まで届いていなければ、まったくWi-fi機器も役に立ちません。ここで、実際に自宅の契約状況と機器の内容をメモしておきますので参考にして下さい。

まず、現在のインターネット回線契約はOCNの光コラボ。以前はプロバイダ契約はOCN、回線契約はフレッツ光ネクスト(無線LANルーター RS-500Klを使用)でしたが、1年ほど前に光コラボで契約し直しました。これで窓口が一つになり割引にもなりました。(同じNTT間で簡単に完了しました)

また、以前はONU+有線ルーター+無線ルーターと3台の機器をつなげていましたがあまりにスペースを取るために無線ルーター1台(RS-500Kl)で済む契約に改めました。この無線ルーターは壁に直付けしていますのでスペースもとりません。

この機器はレンタルの為に若干費用はかかります光コラボ契約にすることで十分に元がとれています。何よりも機器が1台になったことが一番うれしかったことでした。私は最初はフレッツ光契約からはじめましたが、現在ではOCNから直接申込みが可能になっているはずです。

【進化版】APEMAN ドライブレコーダー 1080P Full HD 1200万画素 3.0インチ液晶 170度広角 G-センサー 常時録画 高速起動 WDR F1.8大口径 LED信号機対応ドラレコ 1年保証

この様な契約にすると、自分自身でWi-Fiルーターを別途用意する必要もありませんし、ひかり電話を利用していてもまったく問題はありません。今現在インターネット光回線の契約があり、プロバイダ契約が別の方は割安の光コラボ契約を検討してみると良いかも知れません。各社のホームページに沢山掲載されていますので要検討ですね。







-準備
-, , ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情