準備

Wi-Fiルーターにインターネット接続の設定が必要




現在の環境はRS-500Kl(ひかり電話対応ホームゲートウェイ)というWI-fiルーターを使用していますが、ここで最初に必要な作業はインターネットに接続するためにプロバイダから提供されている情報をWi-Fiルーターに設定しなければなりません。

   

この設定方法は必ず取扱説明書に詳しく書いていますが。用意しなければ出来ないのが、プロバイダから送付されたユーザー名とパスワードを記載した書類です。具体的な設定手順はメーカーや機種によって多少の違いがあります。

ほとんどが、パソコンのWebブラウザーを使って設定画面を開き、ユーザー名とパスワードを入れて保存することで完了するはずです。ここは、説明書通りで問題はないでしょう。なかにはプロバイダーへの接続にDNSなどの設定が必要なところもありますが、必要に応じて設定しましょう。

(商用ネットワークサービスプロバイダー接続マップ復刻版付) iNTERNET magazine Reboot (インプレスムック)

  • 最初に「RS-500Kl」とPCをケーブルで接続します。
  • PCのブラウザーを起動して「http://192.168.1.1/」を入力。
  • パスワードの設定画面で新規のパスワードを設定します。
  • ここから、機器を開きます。
  • ユーザー名に「user」を、パスワードは先程設定したものを入力。
  • 「利用タイプ」で「インターネット接続先を設定する」を選択。
  • 最後に、プロバイダー接続情報(ユーザー名、パスワード)を設定。

これで、インターネットに接続するための設定が完了しました。ここの設定方法はルーターの機種により多少の違いがありますので、説明書に従って設定をお願いいたします。







-準備
-, , , ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情