Wi-Fi機器

インターネット接続に使う機器それぞれの役割




モデム
自宅で契約しているインターネット回線がADSL回線の場合は、電話線を通ってくるのはアナログ信号ですが、これをデジタル信号に変える役割をするのがADSLモデムといいます。パソコンはアナログ信号は理解できず、デジタル信号に交換しなければ使用できません。

特にパソコン1台だけしか使用しない場合はLANケーブルでパソコンとモデムを接続すればそれでインターネットを十分に楽しむことが出来ます。

ルーター
パソコンやスマホはひとり1台の時代になりましたが、そのような場合にはルーターを使用します。ルーターはモデムからのデータを仕分けして、各機器に送り届けてくれる、つまりひとつの回線で複数のパソコン等(スマホやタブレット)を使えるようにするものです。

また、ルーターにはいくつかのLANケーブル差込口が付いていますが、ここが「ハブ」の部分で複数機器を接続するためには必要な部分です。無線LANの場合にはアクセスポイントが同じ役割を担っています。

回線終端装置(ONU)
自宅で契約しているインターネット回線が光回線の場合は、光ケーブルの中を光信号でデータがやってきます。回線終端装置はこの光信号をデジタル信号に変換してパソコンにデータを送ってくれるものです。

この様に多くの機器が存在していますが、基本的にそれぞれの機器に役割がありなくてはならないものになっています。ただ機器の数が増えるに従ってコンセント数も多くなりますのでそれだけでも多くのスペースが必要になっています。

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WCR-1166DS 11ac 866+300Mbps 2LDK向け 【iPhone8/iPhoneX/Echo メーカー動作確認済み】

ただ、現在ではこれらの機器が一つにまとまりWi-Fiを完備した製品が数多く出ていますのでご自分の契約回線に合わせて選択されることをお薦めします。







-Wi-Fi機器
-, , ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情