Wi-Fi機器

USB3.0のノイズはWi-Fi速度に影響がありそう




最近の外付けハードディスクや光学ドライブには、USB3.0に対応した製品が増えています。とても高速なデータ転送速度が魅力ですが、ほかの通信に悪影響のあるノイズが多く発生するので要注意です。

特に、2.4GHz帯の電波に影響がありWi-FiやBluetoothの通信速度を低下させてしまう様です。そのためにUSB3.0対応の周辺機器を使うときはWi-Fiルーターや子機、Bluetooth機器からはできるだけ離します。

USB3.0の周辺機器を使うときには、できるだけ長いケーブルを使うなどの方法で、Wi-Fi接続の機器から距離を離しましょう。可能であれば5GHz帯のWi-Fiを使うことが有効な対策になるでしょう。

この様に2.4GHz帯に影響を及ぼすノイズの原因は他の家電製品の中にも存在します。特に電子レンジが発生させるノイズの影響は見落とせません。また、ノイズの原因は電子レンジ以外にもテレビ・掃除機・ドライヤー等いろいろあります。

USB3.0ハブ atolla アルミニウム USBハブ 4ポート高速USB3.0 の 拡張+ 1充電ポートUSB Hub (5ポート・電源付き)

インターネットのスピードが気になる方は、様々な原因で発生するノイズを確認して見てはいかがでしょうか。USB3.0のノイズだけではなく意外と多くの家電製品が対象となっていることが分るでしょう。







-Wi-Fi機器
-, , ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情