豆知識

暗号化方式の使い分け「マルチSSID」




自宅でWi-Fi環境を構築している人がとても増えてきていますが、ルーターに接続している子機にはゲーム機やスマホ・パソコン等とても数が増えています。中には最新の暗号化方式に対応していない子機も多くあるようです。

マルチSSID
最新の暗号化方式に対応していない機器がある場合には、SSIDごとに異なる暗号化方式を設定できる「マルチSSID」を使いましょう。この機能を使うと最新の暗号化方式に対応していない古い子機でも、通信が可能になります。

特に、新しい子機は最新の暗号化方式で接続し、古い機器は対応している暗号化方式で設定したSSIDで通信を行うことが可能になりますので、子機の種類に応じて最適なセキュリティが実現出来るはずです。

実際には、複数のSSIDを使い分けることになるので、WEPにしか対応していない古い機器が混在する環境でも安全にWi-Fiを運用することが出来ます。その他セキュリティ上の理由や混雑緩和のためにネットワークを分離したい時にも有効な方法です。

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4 11ac 866+300Mbps 3LDK 2階建向け 【iPhone8/iPhoneX/Echo メーカー動作確認済み】

なお、機種によっては「マルチSSID」(複数のSSID)を使用できないものもありますので、機器を選択する時には十分に機能調査をしてから購入されることをお薦めします。







-豆知識
-, ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情