豆知識

シニアに必要なWi-Fi用語 Ⅲ




「スループット」
パソコンやネットワーク機器などが単位時間あたりに処理できるデータ量で、実際の処理量ではなく理論上処理できる最大値で表現される。単位は主にビット/秒を使用する。スループットは端末のCPU能力、メモリ容量、中継機の速度、トラフィックなど、さまざまな要因で変動します。

「ベストエフォート」
ネットワークの通信速度など、表記した速度に対して最大限の努力はするが、その速度が必ず出る事を保証しないサービス形態のこと。インターネット接続サービスにおいて、最も通信状態が良好な時の通信品質のことである。多くのユーザーが通信回線を共有する形式のサービスでは、通信速度をベストエフォートで示している場合が多い。

「プロキシ」
あるネットワークと外部ネットワークの間に設置される。「代理」でインターネットに接続してくれるサーバーのことを言う。おもに企業ネットワークで使われ、外部に出てゆく通信を一元管理することで不正な通信を発生させないように制御している。

「ペアレンタルコントロール」
子供がインターネット通信や、パソコン、スマホなどの機器等を操作する時に、その利用内容を監視し制限する仕組み。公序良俗に反するウェブサイトの閲覧や予期せぬ設定変更をしてしまうような操作を制限することで、子供が安全に通信や機器を利用できるようにしている。

「ユニキャスト」
ネットワーク上で、単一の機器に対してデータを送信すること。これと対比されるのは「マルチキャスト」で複数の機器を指定してデータを送信することを言います。

「LAN」
「Local Area Network」の略称。家庭内などの比較的狭くて範囲が限られた場所に構築されているネットワークのことをいいます。ケーブルを使う方式を有線LAN、無線接続する方式を無線LANという。

「WAN」
「Waide Area Network」の略称。LANに対して広範囲で接続されているネットワークのことをいいます。インターネットは広範囲に接続されているネットワークであるため、インターネット回線そのものをWANと呼ぶこともあります。

なお、ここここでもWi-Fi用語の解説をしていますので大いに活用しましょう。







-豆知識
-, , , ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情