豆知識

「WOL」(Wake On LAN)とは




ネットワーク経由でパソコンの電源をオンに出来るのが「Wake On LAN」です。実現には多少ハードルがありますが、その仕組みを覚えておくと役に立つのではないでしょうか。

スマートキー 電波遮断ポーチ リレーアタックによる車の盗難防止 カーセキュリティ ブロッキングポーチ 防犯対策 スキミング防止 高級皮革 カーボン調 ブラック

最初にいくつかの条件があります。パソコンやルーターが「WOL」に対応していることが必要ですが、現在ではほとんどパソコンもルーターも「WOL」に対応しているので意識する必要はないでしょう。

パソコン側の設定
WOLを利用するには、まずパソコンのネットワーク機器とOSの設定をWOLが利用できる状態に変更します。Windows10の場合は、電源ボタンの定義の変更が必要なので注意しましょう。また、遠隔地からパソコンの電源をオンに出来ても、サインインのパスワード入力画面で止まってしまう事になります。

そのために、パソコンの起動時にパスワードを自動的に入力してサインインするようにあらかじめ設定しておく必要があります。ここでは2つの設定手順をメモしています。

*「WOL」設定
まず、「コントロールパネル」ーーー>「システムとセキュリティ」ーーー>「システム」ーーー>「デバイスマネージャー」をクリックします。表示された画面から「ネットワークアダプター」をダブルクリックします。

ここで、ツリーが開いたら、使用しているネットワークカードをダブルクリックします。その後ネットワークカードのプロパティが開くので、「電源の管理」タブをクリックし、「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除出来るようにする」をオンにしてOKをクリックします。

次に、もう一度「コントロールパネル」を開き、「ハードウェアとサウンド」ーーー>「電源オプション」ーーー>「電源ボタンの動作の選択」をクリックし、「現在利用可能でない設定を変更します」をクリックするとこの項目が消えるので、「高速スタートアップを有効にする」をオフにし、「変更の保存」をクリックします。

なお変更箇所までのところはWindowsのバージョンによって多少違いがあります。最新のWindows10では「電源オプション」からすぐに目的の変更箇所に到達します。

*自動サインインの設定
まず、「Windows」キーと「R」キーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」画面を呼出します。名前の欄に「netplwiz」と入力してOKをクリックします。ここで、ユーザーアカウント画面が表示されます。

「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザーとパスワードの入力が必要」をオフにしてOKをクリックします。次に「自動サインイン」ウインドウが表示されますので、ユーザー名とパスワードを入力してOKをクリックします。

なお、パソコンによってはBIOS等のメニューからWOLを有効にする場合がありますので、マニュアル等で十分に調べてから設定を始めましょう。パソコン側の設定はこれで完了ですが、外出先からパソコンの電源を入れるには、別途ルーターの設定が必要になりますが、前回のダイナミックDNSのところでメモしています。







-豆知識
-

© 2020 シニアのWi-Fi事情