豆知識

ビームフォーミングとマルチユーザーマイモ(MU-MIMO)




11acの高速化技術のうち、重要な位置を占めるのがビームフォーミングとMU-MIMO(マルチユーザーマイモ)です。あまり聞き覚えのない言葉ですが、覚えておいて困ることではありませんので、その概要だけでも記憶しておきましょう。

まず、ビームフォーミングですがWi-Fiルーターが子機の場所を把握して、そこに向けて電波を受信しやすくする技術です。普通Wi-Fiルーターからの電波は同心円状に広がっていきますが、ビームフォーミングでは特定の場所のみ電波が受信しやすくなるように調整がされます。

この、ビームフォーミングを利用するにはWi-Fiルーターだけではなく、子機も対応している必要がありますが、2014年以降に発売されたスマホではほとんど対応済みとなっています。

次に、MU-MIMO(マルチユーザーマイモ)ですが、複数のアンテナで複数のユーザーに同時にデータ通信を行い通信速度の高速化を図る技術です。ただ、この技術に対応しているWi-Fiルーターやスマホはまだまだ少なく、その効果を実感できる機会は少ないでしょう。

この様にWi-Fiルーターの高速化技術は進歩し続けていますが、対応機器が追いつかないためになかなか体感できませんが近い将来にはストレスを感じることなくWi-Fi接続が実施されるようになるでしょう。

BUFFALO 【iPhone6対応】 11ac/n/a/g/b 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション QRsetup ハイパワー ビームフォーミング対応 866+300Mbps WHR-1166DHP3 (利用推奨環境3人・3LDK・2階建)

これから、Wi-Fiルーターを選択したり、新たなスマホを決めたりする場合には値段とともに少しだけ参考にすると良いでしょう。







-豆知識
-, ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情