豆知識

近距離無線通信「NFC」でデータの送受信




近距離無線通信の技術に「NFC」があります。特にスマホではよく使われておりAndroid端末のほとんどが「NFC」に対応しています。本体をかざすだけで簡単にデータの送受信が可能になっています。

ただ、Wi-Fiと違って大容量データの送受信には不向きで、Bluetoothのように繋ぎっぱなしで使う機器にも適していませんが、一時的に接続してサイズの小さいデータを送るときには最も適しています。

例えば、デジカメの写真をスマホに送信したり、Bluetooth機器の設定を行うために「NFC」が利用されています。特にスマホでの活用に便利な「NFC」機能として「Androidビーム」があります。

「Androidビーム」はスマホ同士を近づけることで、手軽にデータをやりとり出来る機能で、写真の他に。ウェブページのURL、連絡先など様々のデータを送信することができます。

設定の方法ですが「設定」ーーー>「無線とネットワーク」にある「もっと見る」をタップして「NFC」と「Androidビーム」をオンにします。(NFCを搭載しない機種も多くあります)相手のスマホでも同じ様に設定をしておかなければ使用することは出来ません。

ここで、両方のスマホに設定が完了していると、写真等送信したいデータを表示しておき、自分と相手のスマホを近づけ軽くぶつけるようにタッチします。タップしてビームと表示されたら写真をタップします。

このあと送信が成功すると、相手のスマホに「ビームが完了しました」という通知が表示されます。さらにこの通知をタップすることで、受信したデータを閲覧出来る様になります。

Rise NFCタグシール 10枚セット

FelicaとNFCの違い

使い方もよく似ているため、違いがわかりにく以下もしれません。技術面での共通点はあるのですが、規格自体はまったくの別物で、使用上の互換性はありません。「Felica」はソニーの開発で、日本とアジアの一部でしか普及していませんが、「NFC」は国際規格であり、海外でも広く使われています。







-豆知識
-, ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情