豆知識

RSS(RDF Site Summary)をもっと活用しよう




RSS

RSSとは、Webサイトの見出しや要約などを簡単にまとめて配信するためのフォーマットで、主にサイトの更新情報を公開するために使用されています。

RDFは「Resource Description Frmework」の略で、「どんな情報を」「どんな形式で記述するかを」取り決めたもので、これによってWebサイトを介してアプリケーション同士のデータ交換が可能になっています。

一般的に使用されているのは、ブログの更新情報を配信するために使われていますが、現在ではニュースサイトやTV番組サイト等の新着記事や番組情報の配信等、多様な用途に使用されています。

RSSリーダー

このようなRSS情報を取得して、その更新情報を参照するには、RSSリーダーと呼ばれるソフトウェアを利用します。そのソフトウェアにRSS対応のWebサイトを登録します。

リーダーはその登録されたWebサイトを定期的に巡回して、取得したRSSの情報をもとに収集した更新情報を通知します。リーダーには複数のサイトを登録することができるので、短時間で複数サイトの新着情報を把握することが可能となっています。

RSSリーダーの形態は様々あり、ブラウザに組み込まtれてものやOSのディスクトップ上に常駐するもの、専用のWebサイトに一覧としてリストアップするものなどがあります。

【進化版】APEMAN ドライブレコーダー 1080P Full HD 1200万画素 3.0インチ液晶 170度広角 G-センサー 常時録画 高速起動 WDR F1.8大口径 LED信号機対応ドラレコ 1年保証







-豆知識
-,

© 2020 シニアのWi-Fi事情