ネットワーク

ネットワークプロトコルとはどんなもの?




ネットワークプロトコルとは、ネットワークを通じてコンピュータ同士がやり取りするための約束事をこの様に呼びます。具体的には手紙を書いて切手を貼り郵便ポストに入れる様なものです。

【Amazon.co.jp 限定】 Dove ボディ バンドルセット+おまけ(ラックス シャンコンサシェ×3個)

つまり、通信を行う手順を定めたものであると同時に、コンピュータ同士が会話をするための共通言語でもあります。その手順・言語といった役割ごとに、ネットワークプロトコルは階層構造として区分されています。

そのために、使用するネットワークサービスごとに最適なプロトコルの組み合わせを選択する事ができるようになっています。

それではネットワークの基本構造はどの様になっているのでしょう。運用性と機能の拡張性を実現するためにネットワークは7つの階層に分けて管理されています。

下層階層から
*物理層・・・ケーブルのピン数や電気特性を定め送出データの電気的な交換等
*データリンク層・・・直結された相手との通信路を確保等
*ネットワーク層・・・相手にデータを届ける経路選択アドレス管理(IPアドレス)
*トランスポート層・・・送られてきたデータの整列や誤り訂正、(TCP・UDP)
*セッション層・・・通信の開始や終了等の通信プログラム同士の接続管理
*プレゼンテーション層・・・圧縮や文字コードの管理ソフトとネットワークを仲介
*アプリケーション層・・・通信を利用する為のサービスを他のプログラムに提供

この様にネットワークの基本構造を7つの階層に分けて標準化したものを一般的にはOSI参照モデルあるいはOSI階層モデルと呼んでいます。







-ネットワーク
-,

© 2020 シニアのWi-Fi事情