Wi-Fi設定

子供のネット利用を安全にするための設定




インターネットには、とても役立つ情報が沢山ありますが、中にはとても危険な、特に子供が利用する環境においては安全に利用させるための対策が必要になります。そこで役に立つのが「ペアレンタルコントロール」と言われるものです。

これは、子供にとって不適切なサイトにはアクセスさせたくない時にはとても有効な機能となります。この「Webフィルタリング」機能を使えば、そのような有害サイトの検索や閲覧を制限することが出来ます。

BUFFALO【iphone6 対応】11ac/n/a/b/g 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) エアステーション QRsetup ハイパワー Giga Wi-Fiリモコン 866+300Mbps WSR-1166DHP (利用推奨環境4人・3LDK・2階建て)

この機能はメーカーごとに表現は違いますが、マニュアルを読むとすぐに分かるはずです。機能制限をしたい端末を登録するだけで使用できますので、他の端末が影響を受けることはありません。

また、「アクセスコントロール」機能を使うと、端末がネットに繋がる時間帯を制限することが出来ます。この機能も端末ごとに設定できますので他の端末が影響を受けることはありませんので、時間の制約なしにアクセスが可能です。

一例としては、「有害サイトブロック」等の表現が使われていますが、これもすべて「ペアレンタルコントロール」のことで、ルーターの設定項目の中に入っています。現在ルーターを使用している方や、今後ルーターを購入する際には必要な機能として選択するようにしましょう。

この様に「Webフィルタリング」と「アクセスコントロール」機能を上手に活用することによって端末ごとの詳細な設定が出来ますので、自身の使用環境にあわせて有効な利用を推進しましょう。







-Wi-Fi設定
-,

© 2020 シニアのWi-Fi事情