Wi-Fi設定

シニアにも出来るルーターが2台になった時の接続方法




以前の投稿で、ネットワーク上でルーターが2台になった時の接続方法(ルーター機能を有効に)を紹介しましたが。もう一つの接続方法(ルーター機能を無効にして、アクセセスポイントモード)をメモしています。

この設定は、インターネットに接続されているルーターが有線ルーターであり。追加するのが無線ルータ(自宅にWi-Fi環境を作る)と言う場合が一番多く考えられます。当然ですがこの時は以前から設置している有線ルーターの設定はアクセスポイントモードになり、追加される無線ルーターはルーターモードになります。

特に、有線ルーターが光電話などの設定で取り外しができない場合は、有線ルーターをそのまま残しておく必要があります。

この時には、有線ルーターのLANポートからケーブルで無線ルーターのインターネット端子に接続します。これで、自宅内にWi-Fi環境を作ることができます。実際には幾つかの方法があるかと思いますが現状から簡単にWi-Fi環境を作るには楽な方法ではないでしょうか。

ただ、自宅内でWi-Fiの電波が届きにくい場合は、中継器を設置して電波強度を確保する方法がありますので、この時には自宅環境に合わせた中継器を選択すると快適なインターネット環境が実現するでしょう。

BOBORA コンプレッションウェア スポーツタイツ メンズ 冬用起毛 ロングスパッツ [吸湿発熱・保温] パワーストレッチ アンダーウェア ロングタイツ ストレッチインナーパンツ レギンスパンツ (S, ネイビー)

今後、インターネット環境を整備するのであれば、最初から無線LANルーター1台で間に合うような性能の機器が良いですね。

アクセスポイントとルーターの違い

「アクセスポイント」とはアクセスポイント(親機)が接続されているネットワークに子機を接続させるための機器で、有線LANと ...

続きを見る

「ステルスモード」のWi-Fiルーターに接続する

Wi-Fiルーターの設定によっては、セキュリティを高めるためにSSIDが検出されない様にしている場合があります。この状態 ...

続きを見る

Wi-Fi接続が不安定なときはルーターのここをチェック

Wi-Fi接続が不安定になる原因はいくつかあるのですが、シニアにもできる簡単なチェック項目とその方法について書き留めてお ...

続きを見る







-Wi-Fi設定
-, ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情