Wi-Fi設定

スマホのスリープ時のWi-Fi設定を見直す




自宅や会社などではWi-Fiを利用していても、モバイルデータ通信を節約するのはスマホの賢い使い方です。ただ、スマホがスリープ状態の時にWi-Fi接続が「オン」になっているとバッテリーを予想以上に消費してしまいます。

カメラを止めるな! [DVD]

特に、バッテリーを長持ちさせたい時にはWi-Fiの設定を見直しましょう。スマホのWi-Fi設定の中にスリープ時の設定がありますので、気になる人はこまめにWi-Fi設定を見直して、バッテリーの消費を抑えましょう。

まず、「設定」ーーー>「無線とネットワーク」ーーー>「Wi-Fi」画面から「設定」ーーー>「スリープ時にWi-Fi接続を維持」この中の(維持する、充電時のみ、維持しない)いずれかの中から選択を変更じます。

ここで、維持しないを選択するとモバイルデータ通信量が増加しますので、私は維持するにしています。この様にバッテリーの消費量とモバイルデータ通信量のどちらかを選択しなければならないので頭の痛いところですね。

やはり、この様な場合はご自分の用途に合わせて設定をすることが一番良いのではないでしょうか。最近の端末には大容量バッテリーが付いているものがとても多く販売されていますが、いざというときのためにモバイルバッテリーは必須ではないでしょうか。

スマホで、動画の鑑賞やゲームを楽しむ方はバッテリー消費の問題は避けて通ることの出来ない大問題ですね。

* スマホ、バッテリーの消費が早くて困るときの対処法はここで







-Wi-Fi設定
-, ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情