Wi-Fi設定

Windows&MacOSをWi-Fiに接続する




Windows10

Windows10をSSIDと暗号キーでWi-Fiルーターに接続する。Windows8.1でも手順は同じです。まず最初は、ディスクトップ右下の通知領域にある「ネットワーク」アイコンをクリックします。

次にSSIDの一覧から、Wi-Fiルーター本体等に記載されているSSIDを選択し、SSIDが複数ある場合は、用途と、チャンネルの混雑具合に合わせて任意に選択し、「自動的に接続」にチェックを入れて「接続」ボタンをクリックします。

次の画面で、「ネットワークセキュリティキーの入力」欄に暗号キーを入力して「次へ」ボタンをクリックします。橋の入力した文字は「●」で表示されますが、右端のアイコンをクリックすれば表示して確認できます。

あと、LAN上のユーザーから自分のパソコンを検出出来るようにするかの選択画面が表示される。自宅や社内の場合は「はい」不特定多数の人が利用するネットワーク場合は「いいえ」をクリックします。ここで、Wi-Fiルーターへの接続が完了すると、SSIDの下に「接続済み」と表示され、通知領域のネットワークアイコンが「■」に変わります

Windows7

まず、ディスクトップの右下の通知領域にある「ネットワーク」アイコンをクリックします。あとはWindows10&Windows8.1とまったく同じで終了する事が出来ますが、「ネットワークの場所の設定」画面が表示されますので、自宅や社内で使用する場合は「ホームネットワーク」ボタンをクリックすると「OK」です。

シリコンパワー microSDHCカード 16GB class10 アダプタ付 永久保証 ブラック SP016GBSTH010V10SP

接続が完了すると、SSIDの横に「接続」と表示され通知領域のネットワークアイコンがに変わります。

MacOS

メニューバーの「Wi-Fi」アイコンをクリックし、接続したいWi-FiルーターのSSIDを選択します。表示される画面で暗号化キーを入力し、次回以降もこの接続先を利用したい場合は「このネットワークを記憶」にチェックをつけ「接続」をクリックします。

もし、メニューバーに「Wi-Fi」アイコンが表示されない場合は、「システム環境設定」の「ネットワーク」からWi-Fi接続の設定をしましょう。この画面で「メニューバーにWi-Fiの状況を表示」にチェックをつけると、アイコンが表示されるようになります。







-Wi-Fi設定
-, , ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情