Wi-Fi設定

ワンプッシュ簡単設定の種類




シニアにはとても難しいと思われているWi-Fi設定ですが、最近のWi-Fiルーターにはとても簡単に設定を行える設定規格があります。規格はメーカーや団体によって様々ですが、複数のメーカーで統一して使われているのが「WPS」です。

メーカーのバッファローが開発している「AOSS」「AOSS2」、NECが開発している「らくらく無線スタート」といった規格があります。それぞれより幅広い年齢層でも簡単に設定できる様に工夫されています。

わかる! つながる! Wi-Fi究極の快適設定 (TJMOOK) (TJ MOOK)

AOSS簡単設定
無線LAN機器の「AOSS」ボタンをランプが2回周期で点滅するまで、約1秒間押し続けます。ランプが点滅したことを確認したら、つなぎたい機器のWi-Fiをオンにして表示された一覧から「AOSS」で始まるWi-Fiを選択して接続します。

また、「AOSS2」の場合は、製品に同封されている3桁の「AOSS」キーを設定画面に入力して、専用ソフトをダウンロード・インストールして「設定」を完了します。

らくらく無線スタートとWPSの簡単設定
この2つの方法は基本的には同じです。端末機器の方で対応するSSIDを選択して、「プッシュボタンを押して下さい」と言うアナウンスが出ている状態でルーターのボタン(マーク付き)を押すと設定までは自動で実行されます。また、ルーターの専用ソフトを使用して設定を行う方法もあります。







-Wi-Fi設定
-,

© 2020 シニアのWi-Fi事情