Wi-Fi設定

「ステルスモード」のWi-Fiルーターに接続する




Wi-Fiルーターの設定によっては、セキュリティを高めるためにSSIDが検出されない様にしている場合があります。この状態を「ステルスモード」と呼びますが、この様に検出できないWi-Fiルーターに接続する方法もあります。

スマホとタブレット

スマホやタブレットから「ステルスモード」のWi-Fiルーター(アクセスポイント)に接続するには、SSIDと暗号化キーの入力だけではなく、暗号化方式も選択する必要がありますので、ルーター側の設定を確認しておきましょう。

アンドロイドでは、Wi-Fi設定画面のSSIDが一覧表示されている画面のメニューから「ネットワークの追加」をタップします。アクセスポイントの情報を入力する画面が表示されるので、SSID、暗号化キー、暗号化方式を正しく設定して「保存」をタップします。

WindowsPC

Windowsではコントロールパネルの「ネットワークとインターネット」ーーー>「ネットワークと共有センター」を開き、新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックして手動で接続します。

まず、ネットワーク名に「SSID」を入力しセキュリティと暗号化の種類を選択して暗号化キーを入力します。「ネットワークがブロードキャストを~」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

特にこの、「ステルスモード」のWi-Fiルーターに接続するポイントは次の3点を確実に覚えておくことが必要になります。

   ・ 暗号化キー
   ・ 暗号化方式
    ・  SSID   

TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 11ac/n/a/g/b 433+300Mbps 11ac対応 3年保証 RE200







-Wi-Fi設定
-, , ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情