VPN

「RS-500Kl」でVPNサーバー機能を有効化




Wi-Fiルーターの中には、VPNサーバー機能を持つ機種があります。この機種を使用すれば第三者を通さずに、自分のパーソナルな機材だけでVPNサービスを構築する事が出来ます。設定自体は多少面倒になりますが、確実に安全な通信が出来るようになります。

今回は、NTTフレッツ契約でレンタルしている「RS-500Kl」というルーターを設定してみました。少しわかりにくいかもしれませんが、何よりも安全なVPNサーバーが設置できますので挑戦して見ましょう。

日本を亡ぼす岩盤規制 既得権者の正体を暴く

まず、パソコンから「RS-500Kl」の設定画面のURLにアクセスして開き「基本設定」を選択します。「接続先の選択設定」から「メインセッション」(メインでインターネット通信が可能な接続)をクリックして呼び出します。

次に、IPアドレスを確認する画面になりますが、通常は「IPアドレスの自動取得」になっていることと思います。ただし固定IPアドレスを取得して「IPアドレスの手動設定」をしている人もいますのでよく確認をしておきましょう。

外部からの接続設定
次に、外部からいつでもこのルーターのVPNにアクセス出来るように、接続モードを「常時接続」を使用するにしておきます。

このあとは設定画面のメニューから「詳細設定」ーーー>「VPNサーバー設定」を選択します。開いたVPNサーバーの設定画面リストから空いている所の「編集」をクリックします。ここで外部から接続するための情報を設定します。

ここで、ユーザー名とパスワードを入力して設定を「保存」します。「正常に処理が完了しました」と言うメッセージが表示されますので、「OK」をクリックします。

VPNサーバー機能を有効化
VPNサービスに接続するには、ユーザー名とパスワードの他に「事前共有鍵」を知っておく必要がありますので、「事前共有鍵」の「表示」をクリックします。「事前共有鍵」は接続する端末に入力する文字列ですので、大文字小文字に気をつけて書き留めておくと良いでしょう。

最後に、「VPNサーバー機能の起動」を「有効」にします。ここで設定が正常に保存されてVPNサーバー機能が起動すると、「正常に処理が完了しました」と言うメッセージが表示されます。
これで、VPNサーバー機能の設定自体は完了したのですが、もう一つ大事な設定があります。

IPアドレスの変更時に通知するように設定
外部からこのVPNサーバーに接続するにはIPアドレスを使いますが、固定IPであれば問題はないのですが、「IPアドレスの自動割当」の場合は時々IPアドレスが変化してしまいます。その時にはVPN設定をやり直ししなければなりません。

その時に通知メールを受信することが出来るような設定が必要です。まず、MACアドレスを調べます。アンドロイドでは「設定」ーーー>「システム」ーーー>「端末情報」ーーー>「端末の状態」で表示される「Wi-FiMACアドレス」

メール送信のための設定
まず、「VPNサーバー設定」下の「IPアドレス通知設定」をクリックします。ここでは、SMTPサーバー(メール送信サーバー)や端末MACアドレスなどを設定します。

メール送信サーバーはプロバイダーの送信サーバー(私はOCN契約なのでsmtp.ocn.ne.jp)ポートは「587」、送信メールアドレスはプロバイダーメール、受信メールはGメールを利用すると簡単に設定できます。

Wi-Fiルーターにインターネット接続の設定が必要

現在の環境はRS-500Kl(ひかり電話対応ホームゲートウェイ)というWI-fiルーターを使用していますが、ここで最初に ...

続きを見る







-VPN
-, , ,

© 2020 シニアのWi-Fi事情